9月1日は防災の日

いつ身に降りかかるか予想できない災害

防災1メイン横465px.jpg
近年、「集中豪雨」や「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的大雨により、土砂崩れや河川の氾濫などが多発し、地震や台風のみならず、予想できない自然災害のニュースをよく耳にします。あなたのご家庭では、災害に備えた対策を行っていますか?災害が起きた時、何よりも重要なのは、慌てずに身を守ること。普段から「もしも」に備え、対策しておくことが大切です。9月1日の「防災の日」を機に、チェックしておくべき点を紹介します。

災害に対する心構えを

「防災の日」は、1923年9月1日に発生した関東大震災の教訓を忘れないため、政府や地方公共団体などをはじめ、国民が台風・高潮・津波・地震などの災害についての認識を深め、それに対処する心構えを準備することとして制定されました。毎年、防災啓発デーの9月1日を中心に1週間を防災週間として、各地で防災訓練などさまざまな行事や取り組みが行われています。
防災2.jpg
各地で開催される防災フェアや防災訓練などに積極的に参加し、ご家庭でも、防災グッズの準備や点検、避難場所の確認などを行いましょう。家具の転倒防止や、食料品・日用品・衣類などのストックを見直すことをお勧めします。

また、勤務先や学校などへの移動中や、外出中に被災する場合もあるため、水や防犯ブザーなど必要最低限の物は常にカバンに入れておくことを意識すると良いですね。スマートフォンは重要な情報収集源・連絡手段となるため、充電しておきましょう。モバイルバッテリーや手回し充電器を携帯しておくと、電池切れの心配がありません。

ライフライン停止の備えや避難の準備

快適に過ごしている家でも、災害により、電気・ガス・水道などのライフラインが止まることがあります。その場合に備え、飲料水や保存食を備蓄しておくことも忘れないでください。備蓄というと、緊急時に備えて、長期保存可能な特別な非常食を保存しておくというイメージがありますが、いつでも使える食材を多めに購入し、食べた分だけ買い足していく、備蓄法「ローリングストック法」を取り入れるのも良いでしょう。
防災3.jpg

自宅が被災した場合は、安全な場所に避難することになるため、備蓄品に加え、懐中電灯や予備電池、衣類、タオル、救急用品など、非常時に持ち出す物をリュックサックなどに詰めて用意しておくと安心です。国や自治体が作成したハザードマップもしっかり確認し、現金や預金通帳、印鑑、健康保険証など、貴重品もすぐに持ち出せるよう心がけておきましょう。防災の日をきっかけに意識を高め、ぜひその後も行動し続けてくださいね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント