その家具選び間違っているかも?

Picture2.jpg

新築の家に雰囲気に合った家具を考えるのはワクワクします。インテリア性の高いものを選びたいと思うのはもちろん重要ですが、家具をそれだけで決めてしまうのは早計かもしれません。
では、部屋全体のイメージを大きく左右する家具選びは何が大切なのでしょうか?

見た目だけで選ぶとどうなる?

家具のショールームや店舗に行くと、デザインだけを見てしまいがちです。テーブルやソファなどにこだわりたいのはわかりますが、見た目だけで決めてしまうと、実際に家に置いてみて「なにかが違う」と感じることも。
それは全体のバランスを考えず、サイズや色が合っていないことが原因の可能性があります。

間取りや部屋の大きさに合った家具選びを

また、収納家具は収納力を重視して、使い勝手まで考えていない場合が多いです。収納はあればあるほどいいわけではありません。
たとえば背が高くないのに天井まである壁面収納にしても、いずれ高い位置の棚は使わなくなっていくでしょう。

家具は高価ですから、買って後悔はしたくないですよね。家具選びを成功させるコツは、デザインだけでなくサイズ感や生活動線までイメージすること。そのためには間取り図に家具を配置させ、自分や家族の動きを確かめてみることをおすすめします。

楽器を楽しむ家づくりのポイントは?

Picture11.jpg
「いまの時代は、家の中の「仕切り」がカギ」

ピアノやバイオリンなどの楽器を演奏する家族がいる人、子供が成長したら楽器を習わせたいと考えている人は、家づくりにあたって、防音のことが気になっているのではないでしょうか?

外壁の遮音性は?

ご自身が子供の頃、ピアノの音が近所迷惑にならないかとご家族が気にしていた記憶が残っている方もいるのではないでしょうか?

しかし、令和のいま、時代の流れは高気密・高断熱に移っています。

外壁に関してはそれほど大げさな設計変更は必要ありませんのでまずはご安心下さい。

見出し

いっぽう、家の中では、家族間のプライベートをどのように保つかが気になるところ。

ひとつの案としては、壁などの間仕切りに、断熱材の代わりに防音・遮音ボードなどを組み合わせて対策を施す方法があります。

壁以外ではドアなどの開口部から音が漏れやすいので、専用の防音扉や防音サッシを採用するのも効果的です。

予算やスペースに余裕があれば、密閉型の防音ユニットを組み込んだり、地下室に楽器演奏用の防音室を作るのもおすすめ。心ゆくまで練習したり、家族で演奏会を楽しんだりできそうですね。

モノの管理と時間管理の関係

Picture1.jpg

子どものいる共働き家庭は、家事に仕事に育児にと忙しい毎日が続きます。なかなか自由な時間が持てない方も多いことでしょう。少しでも自分の時間をつくるには、時間管理だけでなくモノの管理も影響してくるのです。

モノが管理できると時間管理もできる?

モノがきちんと管理できていないと、毎回探しものが増えます。探しものをする時間は見つかるまで。何分かかるかわかりません。
さらに、家事の効率も悪くなります。掃除しながらモノを移動させなければならなかったり、食材の在庫がわからなくて慌てて買い物に行くことになったり...
家にあるモノをしっかり管理して予測不能な時間が減れば、それだけムダな時間が減ります。

使いやすい動線になる間取りが大切

モノの管理ができないのは、「片付けが苦手だから」が理由とは限りません。片付けで大切なのは、使うモノが使う場所のすぐ近くにあること。もし使いたい場所に収納がなければ、別の場所まで取りに行かなければなりません。そうなると面倒になって置きっぱなしにして、モノが迷子になってしまいます。
つまり、あらかじめ使いやすい場所に収納がある間取りにすることも大切なのです。家を建てるときは設計の段階で家事動線をイメージしながらどこに何を収納するのか考え、間取りを決めていくようにしてみてください。

地方移住の家づくりにはメリットがいっぱい!

Picture1.jpg

「家づくりの予算、立地と家のどちらにかけるかは悩みどころ」

コロナ禍でリモートワークが普及し、以前なら考えられなかった「地方移住」を視野に入れ始める人が増えています。

首都圏の家づくりのネックは

首都圏で働く人にとっては、通勤のためどうしても東京近郊での家づくりを考えざるを得ません。

しかし、やはり首都圏の住宅造りで最大のネックは土地の価格です。

同じ広さの家であれば、東京都と地方では数百万円の価格差が出ることも。

予算内で高い土地を選べば、当然、その分だけ家の広さや住宅の質が低下してしまいます。

ぜひ人生プランの見直しを

もし皆さんが今、家づくりを考えているなら、ぜひいちどご夫婦で人生のプランを見直してみることをおすすめします。

今の仕事と同程度の内容や条件で転職できそうであれば、地方に移住することで東京よりも広くてグレードの高い家を建てることもできます。

快適な家と自然豊かな環境で子育てのスタートを切る...というのもなかなか素敵な人生プランではないでしょうか?