今どきありえない?二世帯住宅を成功させるには

Picture2.jpg

二世帯住宅というと、お互いに気をつかって疲れるというイメージがありますよね。とはいえ、親世帯との同居なら子どもを預かってもらえて共働きしやすかったり、相続税を軽減できたりといったメリットがあります。

では、どのような二世帯住宅なら親世帯も子世帯も暮らしやすくなるのでしょうか?

完全分離型の二世帯住宅にする

お互いのプライバシーや生活スタイルを尊重するなら完全分離型の二世帯住宅がおすすめです。玄関も水回りも別々なので、生活時間にズレがあっても気を遣う必要がありません。それぞれの友人を自宅に招待しても気兼ねせずに済みます。

ただし、共有型の二世帯住宅よりも建築コストがかかってしまうのがデメリットです。

玄関のみ共有の二世帯住宅にする

完全共有型の二世帯住宅は窮屈に感じるけれども、完全分離型にするほど予算がない......。

そんな場合は玄関だけを共有するタイプを選んでみてはどうでしょうか?

玄関が1つでも水回りやリビングが別々なら、気遣いがかなり減るはずです。完全分離型よりもコストもかかりません。

完全分離にしても、部分共有にしても、縦割りだと間取りが狭くなる、横(上下)割りだと子どもの足音が響くといった問題が出てきます。後悔しないためにも、お互いによく話し合い、部屋の間取りを決めていくことが大切です。

PageTop