住宅を新築するとき、子育て世帯にとって和室は必要? 不要?

画像1.jpg

最近の新築住宅には和室のない間取りが非常に多くなっています。その理由として「時代に合わないから必要性を感じない」「畳や障子のメンテナンスが面倒」といった意見がありました。そんな和室も、実は子育て世帯にとっては意外と便利な面もあるんです。

和室は多目的室として活用できる

一般的なリビング続きの和室は、多目的室として使えます。急な来客があったときやお泊まりの両方に対応が可能。押し入れがあればサッと座布団や布団の出し入れができます。
また子どものお昼寝や遊び場所としても便利。畳は柔らかいためフローリングよりもケガをしにくいのがメリットです。また、家事スペースとしても活躍してくれます。雨が降った日の洗濯スペースにしたり、アイロンがけをしたりすることもできます。

新築するときは和室の必要性をよく考えて検討を

住宅を新築するときに「和室なんて必要ない」と考える子育て世帯は少なくありません。確かになくてもいいかもしれませんが、あればあったで便利なもの。子どもが小さいうちは和室にし、大きくなったらフローリングの部屋にリフォームするという方法もあります。「今」だけなく将来のことまで考えるのが大切です。自分たちのライフスタイルを見据えて、和室をつくるかどうか検討してみてくださいね。

いまブームの「ベランピング」をわが家で楽しむには?

楽しく安全な「おうちキャンプ」のために守りたい3つのポイント.png
『おうち時間を楽しむ「ベランピング」が流行中』

コロナ禍で自由にレジャーに出かけられない昨今、自宅のベランダでアウトドア気分を楽しむ「ベランピング」が、若い世代やファミリーに人気です。

ベランピングはベランダ+キャンピングのこと

「ベランピング」とは「ベランダ」と「キャンピング」または「グランピング」が合体した造語で、自宅のベランダなどに、キャンプ用のチェアやテーブルを置いたり、ランタンを灯したりして、料理やお酒を楽しむことをいいます。

最近のアウトドアグッズや調理ツールはおしゃれなものが手軽に手に入るので、お子さんと一緒にワイワイ選ぶのも楽しいですね。

自宅でベランピングを楽しむコツ

「自宅でベランピングを楽しみたいけど、外から見えるのが気になる...」

という場合は、ホームセンターなどで売られている「ウッドフェンス」でおしゃれに目隠しするのがおすすめです。

ウッドフェンスにはフックでランタンをかけたりグリーンを飾ったりできるので、よりアウトドア気分が盛り上がりそうですね。

真夏の日差しには、布製の「オーニング」やすだれを使ったり、柱と格子の屋根を組み合わせた「パーゴラ」を家族でDIYするのも楽しそうです。

家を建てるときに忘れてはいけないゴミ置き場の確保

画像1.jpg
「キッチンにゴミ箱スペースがない」
「家に持ち込みたくないのに段ボールゴミをまとめて置いておく場所がない」
実際に住んでみて不満に感じることの一つが「ゴミ置き場」問題です。家を建てるときに、ゴミ箱をどこに置くかまで考えている人は少ないのではないでしょうか。

ゴミ置き場がないとどうして困るの?

ゴミが出たらすぐに捨てられるよう、発生しやすい場所の近くにゴミ箱を設置しておきたいもの。
ですが、もっとも家庭ゴミが出るキッチンにはゴミ置き場が確保されていないことがほとんどで、使いにくく見た目もスッキリしません。それは設計の段階でゴミ置き場まで考えられていないからです。
また、段ボールゴミは衛生面を考えると玄関付近に保管するのが理想。ところが、玄関には段ボールをまとめておけるようなスペースはありません。

ゴミ置き場に適した場所

ゴミ置き場としてスペースを確保したい場所はキッチンと玄関付近の2つ。
キッチンの場合、家の設計時にシンク下などにスペースを確保してもらうことをおすすめします。
玄関の場合は、土間スペースのようなものを設けて、段ボールゴミやまとめたゴミを保管する場所をつくるといいでしょう。

ゴミも生活の一部と考え、しっかりと保管場所を確保してくださいね。

ピクチャーレールを活用してアートを楽しむ部屋作り!

真似してみたい♪ピクチャーレールをつかったインテリア集めました _ キナリノ (1).jpg
『ピクチャーレールがあれば、大きな絵やアートも自由に飾れます』

リビングや寝室の壁にお気に入りのアートや写真などを飾れたら素敵ですよね。

でも、壁にあまり穴を空けたくないし、子どもがいるから大きな絵や作品は落下が心配...という人もいるかもしれません。

そんなときは「ピクチャーレール」を活用してみては。

ピクチャーレールとは

ピクチャーレールとは、レール状の器具からワイヤーで写真やポスター・アート作品などを吊り下げて飾れる家具です。

設置場所は天井や壁のほか、クローゼットのような収納と一体化したタイプもあります。

美術館やカフェのようなおしゃれな雰囲気になるだけでなく、ワイヤーを左右に動かして自由に幅を調節できるため、壁に穴を空けるのを最小限に抑えられるというメリットもあります。

ピクチャーレールを選ぶコツ

ピクチャーレールを選ぶときは、部屋の壁や家具などとマッチするような色・素材を選ぶのがコツです。

あくまでも主役は写真やアートなので、控えめなデザインで引き立てるのが良いですね。

横幅はさまざまな長さが選べますが、飾るものを増やしたり変更したりしたときに対応しやすいよう、壁の幅に合わせてなるべく長めのものを設置しておくのがおすすめです。