建売?注文住宅?家を建てるときに生じる夫婦間の意見の食い違い

手.png
『造る楽しさ、買う楽しさ。どちらを選ぶ!』

一生でもっとも大きな買い物である「マイホーム」。だからこそ、こだわり抜いた家に住みたいと考えるのは当然のこと。

ところが、

「注文住宅にしてこだわりのある家にしたい」

「設計から関わるのは面倒だし、注文住宅は高いから建売住宅で十分」

このように夫婦で意見が分かれた場合はどうしたらいいのでしょうか?

建売住宅と注文住宅、どっちを選ぶべき?

建売住宅は、土地と住宅がセットで販売されているため、購入手続きが簡単なのが最大のメリット。

気に入った物件がすぐに見つかれば、時間をかけずに入居できます。

反面、間取りやデザインがすでに決まっているため、自由度が少ないのがデメリットです。

注文住宅は、間取りから内装まで自分の希望を叶えてもらえるのがメリット。

その分、設計やデザインに時間がかかり、費用も高くなりがちです。

そのような方にお勧めなカーサ・シェルッソの選べる素材と価格を定額にしたプランの注文住宅

を御提案。選べる自由度と見える価格で安心でお得な注文住宅をお勧めします。

 土地を選ぶことが楽しくなる事間違いなし!

建売も注文住宅も夫婦の意見のすり合わせが大事!

大切なのは、建売住宅と注文住宅のメリット・デメリットを踏まえ、夫婦でしっかりと意見をすり合わせておくこと。

「こだわりすぎたら予算オーバーしてしまった」

「建売にしたら、使いにくいところがあって後悔した」

こんな話もよく聞きます。

住宅購入の際は、夫婦の溝ができないようきちんと話し合っておきましょう。


PageTop