心地よい住まいを演出する、照明計画のポイント

灯り.png
『間接照明と直接照明をじょうずに使い分けよう』

同じ間取りでも、部屋のイメージや過ごし方がガラッと変わるものの1つに「照明」があります。

今回は、最近の照明のトレンドや、照明計画で失敗しないためのポイントをお届けします。

いま家庭にも「間接照明」が人気

長年、一般家庭では、天井に取り付けて部屋全体を明るく照らすシーリングライトなどの「直接照明」が主流でしたが、

最近は低い位置から壁などに光を当て、よりくつろげる空間を演出できる「間接照明」の人気が高まっています。

照明の色も、青みがあって明るい「昼白色」から、ランプや暖炉などを連想させるあたたかみのある色合いを選ぶ人が増えています。

直接照明と間接照明をうまく使い分けよう

リビングひとつ取っても、家族だんらんでお茶を楽しむ・1人で本を読む・大画面で映画を見るなど、用途によってピッタリな照明は違ってきます。

そこで、ダウンライトやペンダントライトなどテーブルや手もとを明るく保つ「直接照明」と、

2021-01-27 13.10.39_R.jpg
ゆっくりとくつろげる「間接照明」を組み合わせ、そのときどきで切り替えられるようにしておくのがおすすめです。

照明は一度設置すると場所を変えにくいので、迷ったらぜひ私たちにも相談して下さい。ベストな照明計画を立てていきましょう!

今では照明は生活するための灯り、そしてインテリアの要素も大きくなっています。

照明計画で住まいの印象はがらりとかわるので大変に重要な設計の一部です。

あなたが照明のスイッチをつけると・・・・・・・!! 世界が変わる瞬間です!!


PageTop