玄関は広くて大きな収納つきが理想!実現するためのコツは?

f3106bf2c77723810604ff7e41c76f542ebe4b0d_R.jpg
『玄関は安心への入口』 (写真提供ピンタレストより)

家族が毎日出入りする玄関は、まさに「家の顔」です。マイホームに住むなら、広くて大きな玄関にあこがれますよね。

けれども、実際の玄関はせまくてモノであふれている場合が多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは玄関の重要性と広く使えるコツをご紹介します。

玄関を重視している人は多い

賃貸住まいの既婚女性に「家を建てるなら、どんな感じにしたいですか?」と質問したところ、共通した答えに「広い玄関」がありました。

さらに、広いだけでなく「壁一面に玄関収納があるのが理想」と答えた人も多数。それだけ現在の玄関の広さや収納に不満を持っている表れでもあります。

ベビーカーがそのまま置けるほど広い玄関で、趣味の道具まで全部入れられる収納があれば、たしかに暮らしやすいですね。

玄関をスッキリ見せるコツ

玄関がせまくて収納が少ないと、靴箱に入りきらない靴や傘でいっぱいになり、足のふみ場もない状態になってしまいます。

家族もお客様も最初に目にするのが玄関。片付いていないとストレスはたまる一方です。

なので、気持ちよく暮らせるように、玄関収納の見直しをおすすめします。

履いていない靴を処分して、靴箱におさまる量までへらします。収納グッズを使って靴箱内のデッドスペースを活用し8割収納をめざしてください。

つりさおのようなレジャー用品は玄関に置きっぱなしになりがち。毎日使うわけではないので別の場所に移動させたほうが玄関スペースを無駄にしません。

モノを減らして快適な玄関にしてみましょう

玄関がスッキリすれば、掃除もラク。モノを減らすだけで、キレイな玄関を保てます。快適な空間をつくり出すために、玄関を片付けてみてくださいね。

マイホームを検討するときの玄関づくりのヒントをご紹介しました。注文住宅ならば玄関の広さも収納の大きさも自由自在です。

選べる注文住宅、カーサ・シェルッソでは各スペースのプランとアイディアをふんだんにご提供します。

PageTop