♪もうこれはあこがれの「海辺の家」!!。『自然を感じながら快適に暮らす家づくりのコツ』

海辺.png
『潮風がここちよい海辺の家。これは夢の夢!』

朝・・・!、目覚めて窓を開けると・・・~そこには一面の青い海~。

子どもやペットと一緒に砂浜を散歩したり、お天気がいい週末はサーフィンやピクニックを楽しむ...そんな海辺の家の暮らしは、誰もが一度は夢見るのではないでしょうか?

海のそばに家を建てるなら、海辺ならではのポイントがあります。少し紹介していきますね。

☆潮風、強い日差しと建物には過酷な環境!今日はこちらを家づくりの題材にしてみたいと思います。☆

外装はしっかりした材質を選んでしっかりガード

海辺での家づくりは、潮風による外壁の劣化に耐えられるような材質選びがカギ

ブリックタイルやレンガ、木材ならログハウスが作れるくらい丈夫なものがおすすめです。

上質な素材は、月日が経ったときでも海辺にふさわしいナチュラルで素朴な味わいを出してくれるでしょう。

 部屋に入ると別世界!室内には、無垢の羽目板、フローリングやサンゴの塗り壁などで海や自然との一体感を感じられれば最高~ですね。
外では潮風を感じて。中はさらっと快適に・・!。

テラスや庭ではここちよい潮風を感じ、室内は必要に応じて潮風や砂などをシャットアウトしてさらりと過ごす

そんなメリハリのある作りの家を実現するには、「高気密高断熱」がおすすめです。

そのほかにも、窓の位置や塩を洗い流す外まわりの水道設置など、長く快適に海辺の暮らしを楽しむポイントはいくつもあります。

対策をしっかりすれば、かけがえのない家族の思い出がたくさん生まれそうな理想の海辺の家。

「他にはどんな対策をすればいいの?」と具体的な素材や設備選びで迷ったときは、ぜひ私たちにご相談下さいね。

☆皆様へは最高の夢を!私達は性能と安心をご提供しています。


☆お腹すかない?! 広くて綺麗なキッチンで、『おうちごはん』を楽しもう!

お家ご飯.png
『明るくて清潔感あふれる、今風のキッチンはいかが?』

外出自粛生活の中、話題を集めた『おうちごはん』

新型コロナウイルス対策で飲食店の休業が相次いだ期間、気晴らしのランチや週末のディナーなど、気軽に外食を楽しめない日々が続いていましたね。
「外食ができないのなら、お店の味を自宅で作ってみよう!」とスーパーで食材を買って自炊を頑張っているうちに、料理の楽しさにすっかりハマった方も多いのではないでしょうか?

子どもの休校期間中は給食がないから、毎日3食の準備に追われるうちに、料理のレパートリーが増えたママさんもいることでしょう。

このような背景もあって、最近では自宅で料理を作って食べる『おうちごはん』人気が高まっています。
忙しいときに手軽に作れる簡単レシピや、親子で楽しめるレシピなど、様々な『おうちごはん』レシピがネットで注目を集めています。

理想のキッチンで、『おうちごはん』を楽しく快適に!

『おうちごはん』生活が続いてキッチンで過ごす時間が増えると、「今よりも使いやすいキッチンが欲しい」、「CMで見るような最新式のシステムキッチンを使いたい」など、キッチンをもっと良くしたいと思いますよね。

マンションやアパートなどのキッチンが手狭に感じたことはありませんか?

特に建て替えを検討している住宅にお住まいの方は、もしかしたらキッチンが暗くて雑然としていると感じませんか?

今やキッチンは、インテリアのひとつともいわれています。

広くて清潔、開放感がある、デザイナブルなど、理想のキッチンがあれば毎日の料理がもっと快適に、楽しくなること間違いなしです!
配置や間取り、収納などにこだわったキッチンを作ってみませんか?

あなたの夢と理想が詰まったキッチンを叶えられるのは、注文住宅だからこそ!

『おうちごはん』がもっと楽しくなる、素敵なキッチン作りを応援します!

大好きなペットと快適に暮らせる家

ペット.png
『ペットは大切な家族の一員です。』

 今、ペットは私達にとって大切な家族、そして心を癒してくれる存在となりました。
最近はペット可のマンションも増えてきましたが、規約や制約が多く、まだまだペットが暮らしやすいとまでは言えないようです。

「大きな犬と遊べるドッグガーデンを作りたい」「キャットタワーが設置できるスペースがほしい」
など、ペットも楽しめる一戸建てに住みたいと考える方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、ペット(おもに犬やネコ)と快適に暮らせる家について考えてみました。

犬にとって暮らしやすい家の構造は?

 犬にとって散歩は欠かせない習慣です。サッと準備して散歩に出かけたいですよね。そのためには玄関に足洗い場を設置して、散歩がスムーズにできる動線にするといいでしょう。
室内に専用のドッグスペースもあるといいですね。
庭をウッドデッキにしたり、ドッグガーデンを作ったりすれば、雨で散歩に出られない日のストレス解消にもなります。

ネコが気ままに生活できる仕組みづくり

 ネコは室内にいることが多いので、家の中を自由に動けるようにしてあげたいですね。高いところを上り下りできるようキャットタワーを置いたり、くぐり戸を付けたりするとネコも喜んでくれるでしょう。
ネコ専用のトイレスペースを作ってあげるのもいいですね。

このように犬やネコなどのペットにとって快適な暮らしは、飼い主にとっても快適な暮らしとなることでしょう。

 最近では住宅設備メーカーさんもペットと暮らす事を前提にした商品開発をすすめています。カーサ・シェルッソでは、自然素材と最新の商品をミックスしたご提案をさせて頂きます。いつでもお気軽にご相談くださいね。

✨香り・・!それは五感を刺激する癒しの空間

アロマキャンドル.png
心がなごむキャンドルはインテリアに癒しを演出!

自然素材だからマッチするアロマの香り
<本文> マイホームのインテリアに趣向をこらす人は、部屋に置くアイテムにもこだわり、厳選するのではないでしょうか。今回は、見た目だけでなく、香りも楽しめるアロマキャンドルをインテリアにプラスする効果やオシャレ度が増すアレンジ方法についてお届けします。

憧れる炎のゆらゆら
 ゆらゆらと温かみのある幻想的な炎をともすキャンドルは、人工的な照明とは異なり、心を落ち着かせ、癒しやリラックス効果をもたらすと言われています。特に、柔らかくほんのり漂う香りが魅力のアロマキャンドルは、ココナツワックスなどがブレンドされていたり、芯にコットンが使用された100%ナチュラル成分の高品質のものを選ぶと、吹き消した時に出る煙やススは黒くならず、独特な匂いが出ません。部屋でくつろぐ至福のリラックス・タイムに最適です。1日の疲れを癒してくれるだけでなく、ムードを盛り上げる効果もあるため、間接照明の替わりに上手に活用することで、心地良い空間が演出できますよ。

見て楽しむアイテムにも
また、キャンドルを効果的にインテリアに活用することで、オシャレ度がグッとアップします。グラスや缶など素材や容量のバリエーションが豊富なキャンドルは、容器のデザインで好みのものを選び、他の雑貨と組み合わせてみたり、高さや太さの違うキャンドルを数本並べて、飾り棚やテーブルの上にランダムに並べてディスプレイするのも良いでしょう。壺やお皿に水を入れて、花とキャンドルを浮かべる「フローティングキャンドル」という方法は、水面に反射する光がとても美しく、上品でエレガントな雰囲気を演出できるので、インテリアコーディネート上級者におすすめです。

香る、見る、感じる空間をプロデュース
 キャンドルは場所を取らないため、窓辺や玄関などにも配置しやすく、アイデア次第で演出の可能性は無限大。インテリアの人気アイテムであるキャンドルを活用して、オリジナルの癒し空間を実現することで、お家で過ごす時間がもっと楽しいものになるのではないでしょうか。
 住まいにいる時間が多くなるこれからの時代、その空間の満足度がご家族の癒しとなる事でしょう!カーサ・シェルッソならではのご提案です。さあ一緒に始めませんか!

(^▽^)/ 子どもと楽しく暮らせる家づくり

子供.png
『子供の元気を見たい!感じたい!』

マンション住まいだと、どうしても気をつかってしまうのが「子どもの声や足音」です。

のびのび育てたいけれども、隣人に迷惑はかけられない...そう思うと、子どもをきつく注意してしまい、自己嫌悪に陥ることってありませんか。

そこで、今回は子どもと楽しく暮らせる家づくりについて考えてみました。

子どもの出す「音」で悩むのは声や足音に限らない?

小さな子どもがいる家庭は、子どもがバタバタと走り回る音に遠慮してマンションやアパートの1階を選んでしまうことが多いようです。とはいえ、簡単に希望の物件が見つかるわけではありませんよね。

それに子どもの声や足音だけでなく、成長するにつれて出てくる問題もあります。
たとえば習い事。子どもが「ピアノを習いたい!」「バイオリンを習いたい!」と言い出したとき、どうしたらいいのでしょうか?

子どもの夢をかなえるならば「一戸建て」

子どもの笑顔が見たい、夢をかなえてあげたいと思うのが親心。

足音の防音対策は窓の選び方や断熱材などでも相当に軽減できます。「防音マット」や「防音カーペット」も補助としてグー。もっと足の裏に幸せを感じて暮らしたい!

楽器の音を聞きたくなる程度まで下げる効果を実現するには、マンション住まいだとチョット難しい・・・かも。簡単に工事はできません。

それまでやるなら「一戸建てがいいな」と感じるはずです。そんなときが、子どもと楽しく暮らすために一戸建てを購入するタイミング。

ご要望に合わせた注文住宅だからこそできるプチな幸せ、カーサ・シェルッソでは、ビックな幸せにしたいと真剣に考えております。いつでもお気軽にご相談くださいね。

自然の恵み 木造住宅

木造.png
『四季のある日本だからこそ 木造住宅!』
  気温や湿度が高い日は、なるべく外出せずに涼しい室内で過ごしたいものですよね。

湿度の高い日本の気候 
 高温多湿が特徴の日本の夏は、熱中症などに注意して過ごさなければなりません。近年、住宅におけるテクノロジーの進歩は著しく、高性能なエアコンなどを取り入れ、人工的な快適さをつくり出す対策がたくさんうたれています。そのため、鉄骨や鉄筋コンクリート造の頑丈な住宅が増加傾向にあると言えます。
 しかし、木造住宅が日本の文化でもある一般的な日本家屋は、通気性が良いため、古来から気温と湿度が高い日本の夏を快適に過ごすのに最適であるということをご存知ですか?

日本の文化 調湿機能のある木材
 湿気を吸収し、放出する木材は、湿度を一定に保つ調湿機能に優れているため、木造住宅は高温多湿に向いており、快適な居住空間を実現します。また、四方が屋根で囲まれている構造の日本家屋は、太陽光や熱を室内に入り込ませにくい点が特長です。さらに、日本家屋特有の高造りの天井は、空気の対流によって涼しさを提供し、床下の換気口は、地表の湿気の室内への侵入および柱や土台などの腐敗を防ぎます。障子や畳が使用されることに加え、続き間のふすまを開け放つことで通風が良くなる点もポイントです。先人たちが、暑さ対策のために住宅構造において、さまざまな工夫を凝らしてきたのが伺えますね。

良き文化を新しいセンスで生かす工夫
 マイホームを建てる際、昔ながらの日本家屋の構造を参考に、現代風の家づくりを検討してみるのも1つの方法ではないでしょうか。自然素材の良さは地球が育んできた素材!人間以上に長い歴史の中で環境に対応してきた素材という事です。ビュッフェスタイルの注文住宅であるカーサ・シェルッソなら、家でのストレスを緩和できる仕組み、お好みの素材を選んで、理想の住まいづくりを実現できます。ぜひ、お気軽にご相談ください!