家づくりの疑問「収納スペースはどのくらい必要?」

3gatu30niti.png
『収納は住まい手のアイデアの見せどころ!』

間取りを考えるのは、家づくりでもっともワクワクするステップのひとつ。

部屋の広さと同じくらい大切なのが収納スペースですが、実際に決める段になると
「何パーセントくらいの収納を確保すればいいの?」
と迷ってしまう人も少なくありません。

そこで今回は、家づくりで収納を考えるときのヒントをお届けします。
「収納率」のめやすは10~15%。でも...   どの程度のお手入れができるか考えて
床面積に対し、収納に使う面積(一般的には天井まで)の割合を「収納率」といいます。

日本では、賃貸住宅やマンションでは6~8%程度、一戸建てでは10~15%の収納率が主流。

しかし重要なのは収納のパーセンテージだけでなく、使いやすさや、わが家の生活スタイルに合っているかどうかを考えることがとても大切です。
アイデアを生かした収納を
使い勝手のいい収納の条件とは、

● 使う場所の近くに収納できている!
● モノの出し入れがしやすい!
● モノに合った場所・方法で収納されている!

などがあげられます。

最近のトレンドとしては、下駄箱や食器棚など「箱もの」の収納よりも、壁面収納やパントリーなど内部を自由に仕切って使える収納が好まれています。

例えば小さいお子さんがいるご家庭なら、玄関に思い切って大きな収納スペースをもうけ、ベビーカーや子どものおもちゃまで全て片付くようにすれば、いつもスッキリと来客を迎えられますね。

もちろん、収納で迷った時は私たちも喜んでご相談に乗ります。

ぜひ「こうだったらステキだな」というアイデアをふくらませ、「わが家流」の収納を見つけて下さい。

カーサシェルッソの自然素材でつくる家だからこそ棚板や棚の位置まで自由自在!せっかく作る収納スペースがお部屋になじんでこその注文住宅ですものね!

『マイホームを持つベストなタイミングはいつ?何歳が理想?』

3gatu25ka.png
      『マイホームがほしくなるのはいつ頃でしょう?』

マイホームを持ちたいと考えるのはどんなタイミングでしょうか?
わが家の場合は結婚した20代のとき、5年後までに共働きでお金を貯めて家を買おうと話し合っていました。
このように結婚を機にマイホーム購入を意識する人は多いと思います。
そこで、マイホーム購入のベストなタイミングについて考えてみました。

マイホーム購入は早いほうがいい?遅いほうがいい?

マイホームを持ちたいと考える人にとって問題となるのは「マイホーム資金」ではないでしょうか?
住宅ローンを利用するならば、頭金が少なくても早めに購入したほうが完済しやすいと言われています。
一方で、購入が遅くなってもまとまった資金を貯め、住宅ローンの利子負担を減らしたいと考える人もいます。
転勤族の場合は、マイホームを購入したとたんに転勤になった!という話も聞くので早すぎる購入は慎重にならざるをえません。

マイホーム購入はライフプランをきちんと立ててから

マイホーム購入を検討する場合は、まず家族でじっくりとライフプランを立てるのが大切です。
いつどんなタイミングでマイホームを購入するかは家族との話し合いしだい。
ライフプランによってベストなタイミングを選ぶといいでしょう。

ですが、注文住宅を選ぶならば、早めに購入することをおすすめします。返済もしやすく、こだわりの家に長く住めるからです。
大切な一生の大きなお買い物!これから生活にどのような費用がかかっていくのかをカーサ・シェルッソではシュミレーションして一緒に考えていきます。なぜなら安心してくらせる家をご提供するためにそこで楽しく暮らしてほしいから!

『家で暮らしやすい動線がつくれる収納をめざす』

3gatu20ka.png
毎日の暮らしのなかで生活動線のよさはとても大切です。使いやすさを求めるならば、収納の見直しが効果的。
では、どのような収納があるといいのでしょうか?
そこで子供が「暮らしやすい動線がつくれる収納」について考えてみました。

収納は多ければ多いほどいいわけではないよ

「うちは収納が少ないから不便で...」という話をよく聞きます。
では、本当に収納が多ければ使いやすくなるのでしょうか?
答えは「ノー!」です 。
なぜなら、収納が多すぎると、その分モノが増えて管理しにくくなってしまうからです。収納が少なくても、「使う場所」に使うモノをしまえるだけの「適切な収納力」があれば、暮らしやすい動線がつくれます。

「使う場所」に使いやすい収納をつくるには?

よくすき間を活かした収納を雑誌やサイトで見かけます。ですが、いくら収納をつくっても使いにくい場所だったらまったくの無意味。だんだんと使わなくなっていくのが目に見えています。
「使う場所」に「適切な収納力」があってこそ、暮らしやすくなるのです。
とはいえ、マンションや建売住宅は、備えつけなので満足のいく収納にするのは難しいもの。
ならば注文住宅にして、思いどおりの収納をつくってみませんか?暮らしやすさが格段に違ってくるでしょう。
お洋服など地震で落ちてもケガの心配のないものは棚板をDIYで大工さんと作っても面白いですね。カーサ・シェルッソの注文住宅は一緒に作る部分をのこしているのでご相談くださいね。

センスの良い照明や観葉植物を取り入れて部屋のインテリアを楽しもう!

2画像.png
『DYIのアイディアが豊富な今たからこそ!ためす価値あり!!』

お洒落な住まいづくりを実現するために欠かせないアイテムはたくさんありますが、その中でも照明と観葉植物は、上手に取り入れることでインテリアのセンスが光る必須アイテムと言えるでしょう。

特に、室内の雰囲気を左右する照明は、インテリアコーディネートにおいてとても重要な役割を果たします。さまざまな形状やサイズ、種類がある照明の中から、部屋のテイストに合わせて光の色合いなど細かい部分にもこだわり、厳選することでお洒落な雰囲気を演出することが可能です。例えば、天井にはシンプルな埋め込み式のスポットライトをつけ、小型のペンダントライトを加えることで、部屋の明るさが調節でき、実用的かつスタイリッシュな空間に仕上がります。

間接照明を設置する場合は、床面や壁面に作り付けるのもお洒落ですが、サイズやデザインのバリエーションが豊富なスタンドライトは家具のテイストに合わせやすく、移動できるため手軽に配置できるのでおすすめです。その際、デザインだけでなく、機能性に優れたものを選ぶと良いでしょう。

また、観葉植物をセンス良くかざることで心地良い空間づくりはもちろん、ぐんとおしゃれ度が増します。大きな観葉植物を配置するのであれば、部屋の隅か空間の余白になっている場所に飾りましょう。卓上サイズや中サイズの観葉植物は、サイドボードやテーブル、チェストの上に置くとバランスが取りやすいですよ。鉢やプランター選びも大切なポイントになります。色や素材など、配置する部屋のテイストに合わせたものを選ぶことで一気にスタイリッシュな雰囲気を演出することができます。

観葉植物は、たくさんの種類があるため、葉の形状や全体のシルエットなど、好みのものをピックアップすることに加え、配置する場所の日当たりや気温、風通しなど気候条件を考えることも重要です。お花屋さんや植木を専門に扱っているプロに手入れ方法をアドバイスしてもらうと良いでしょう。

ぜひ、照明と観葉植物にこだわり、自然素材で造った部屋と合わせてインテリアコーディネート上級者を目指してみてください!

ペットフレンドリーな住まいづくり

画像1.png
『ペットは大切な家族 その住まいの考え方とは』

ペットが家族の一員として認識される昨今、ペットフレンドリーな住宅設計が人気を集めているのをご存知ですか。玄関にリードフック、コモンエリアにドッグランや足洗い場などが設置されたタウンハウスやマンションを多く見かけるようになりました。また、マイホームの建築やリフォームの際、共存するペットに配慮した家づくりを実現する人もたくさんいるようです。

例えば、室内で暮らすペットにとって床の材質は重要なポイントとなります。硬くて滑りやすいフローリングは、動物の爪を傷めるだけでなく、フロア自体に傷がつきやすいため、クッション性を備えた素材のものを選ぶと良いでしょう。フローリングの床に設計した場合でも、ペットが頻繁に行き来する場所にはラグなどを敷くのも1つの方法です。

また、壁面には汚れにくく、消臭加工が備わったペット対応クロスを施すのも良いでしょう。さらに、犬猫専用のドアを配置したり、ペットがリラックスできる空間を作ることに加え、キャットウォークやゲージ置き場、トイレへの同線を配慮して間取りを考慮するというのもおすすめです。

ビュッフェスタイルの注文住宅であるカーサ・シェルッソは、ペットに優しい家づくりを実現することができます。ペット用の収納スペースや、キッチンに食事のスペースを確保したり、ほんの少し工夫を凝らすだけで、犬や猫にとってより暮らしやすい住まいが完成し、ペットを含む家族みんなが快適で過ごしやすい空間を造ることが可能です。

自然素材の家に合わせる「庭木」。おすすめはどんな種類?

1.jpg
『自然素材の家づくり。庭木もお気に入りを選びたい』

こだわりのマイホームが完成したら、まわりには家を引き立てるお気に入りの木を植えたいですね。
今回は、おすすめの庭木の種類や選び方のコツをお伝えします。

どの程度のお手入れができるか考えて

庭木を選ぶときには「おしゃれな木」「きれいな花の咲くもの」「果物がなる木」など夢がふくらみますね。

しかし木の種類によっては、生長が早く毎年プロに剪定を頼まなければならなかったり、落葉樹で秋には毎日のように落ち葉掃除が必要だったり、果実に集まる虫や鳥をよけるためネットや袋で防護しなければならなかったり...と、お手入れの手間がかかるものもあります。

共働きなどで庭木の手入れに時間がとれそうになければ、比較的メンテナンスのしやすい常緑樹や低木中心に選ぶと安心です。

生け垣・植栽におすすめの木は?

庭木や植栽には、年間通じて葉の落ちない常緑樹と、四季に合わせ花や紅葉を楽しめる落葉樹をバランスよく配するのがおすすめ

庭の周囲に常緑樹を生け垣として植えれば、見た目や香りに癒されるだけでなく、風通しや防火などの効果も期待できます。

あまり背を高く揃えると外部から庭のようすが見えなくなり防犯上望ましくないこともあるため、エクステリアや造園を担当するプロの意見も参考にしつつ、お気に入りの庭木をじょうずに組み合わせていきましょう。