日本でもできる?「北欧テイスト」の家づくり

1.jpg
『北欧テイストの家は自然との調和が魅力』

・北欧の家の特徴

スウェーデン・フィンランド・ノルウェー・デンマークなど北欧諸国を旅すると、絵本に出てくるような大きな窓と三角屋根のかわいい家をたくさん目にします。
森や湖に囲まれた北欧では、木や石など天然素材を取り入れたナチュラルな家が多いのが特徴。

また長く厳しい冬に備えて機密性や断熱性が高く、夏の貴重な太陽の光を取り込むために窓は大きく作られています。

暖炉のある家も多く、フィンランドでは家にサウナが併設されていることも珍しくありません。
日本人の感覚と通じるところも多い北欧の家と暮らし。家づくりに取り入れてみたいと思われる方も多いでしょう。


・日本で北欧テイストの家を建てるなら

いま、家づくりで世界的に採用されている「パッシブハウス」ということばをご存知ですか?

自然環境の力と技術を利用して、快適でエコな住まいを実現するという考え方です。

断熱をはじめとしたパッシブハウスの発想を応用し、耐震や免振構造も考慮すれば、北欧風の家づくりは日本でも十分に可能です。


・インテリアや家具でも北欧テイストが叶う

雪に閉ざされた冬を心地よく過ごすため、北欧では家具や生活雑貨のクオリティが高く、インテリアに取り入れるだけでナチュラルで明るい空間を演出してくれます。

デンマーク「ウェグナー」の椅子をはじめとした天然素材の家具、フィンランド「マリメッコ」のカラフルでモダンなファブリックなど、美しい北欧デザインは世界的に人気。

北欧の家のインテリアは雑誌や写真を眺めているだけでも楽しく、「こんな風にしたいな」というインスピレーションがどんどん湧いてくることでしょう。ぜひ取り入れて楽しんでみて下さい。