快適さを考慮し自然素材にこだわってオリジナルの家づくりができる喜び

u.jpg
『子供の未来と健康という安心を作るこだわりの家とは』

住まいの快適さは、実際にその住宅で生活する人の好みや家族構成などによって異なるものです。そこで今回は、自分や家族にとって住み心地の良い家づくりを心がけるポイントや、カーサ・シェルッソではそれぞれのライフスタイルにあった家づくりが実現できるメリットをご紹介します。

 快適に暮らすためには、まず健康面に注意を払うことが重要だと言えます。近年建設されている住宅において、頭痛や吐き気、目の痛みを発症するシックハウス症候群が深刻な問題となっているのを耳にする方も多いのではないでしょうか。シックハウス症候群は、建材や内装材をはじめ、家具などから放出される化学物質が原因だと言われています。そうした有害物質から家族の健康を守るためには、化学物質を一切使用しない、自然素材の家づくりがおすすめです。

 また、化学物質を含む素材を使わないことに加え、自然素材を選ぶ際にも細かく配慮すると良いでしょう。例えば、杉は柔らかく、クッション性に優れているので、小さなお子様がいるご家庭や年配の方に適した、やさしい素材となっています。熱伝導率が低いため、寒い季節でも冷たくならず、裸足のままでも快適に過ごせることもポイントです。中でも浮造りの杉は、年輪の凸凹が足の裏を刺激し健康に良いと言われ、竹ふみをしているような心地良さが人気です。

 カーサ・シェルッソでは、その他にもヒノキやナラ、桜、パインなど、それぞれ特徴のあるこだわりの天然木材が豊富に用意されているため、強度が高く、抗菌性に優れているものなどをビュッフェスタイルで思う存分、好きなだけ選び、オリジナルの家づくりが実現できます。

木材の特徴を熟知したスタッフが、各部屋の用途や雰囲気に合わせアドバイスし、耐久性や耐震性に優れ、家族みんなが長く快適に暮らせる住まいづくりを提案致します。

厳選された自然素材の中から自由にコーディネートできるワクワク感

ア.jpg
    『自然素材をベースにした空間はお部屋に温かみを感じます』

前回は、カーサ・シェルッソのビュッフェスタイルの家づくりでは、環境に優しい自然素材を自由に選べることや、天然素材の特質についてご紹介しました。今回は、厳選した自然素材をコーディネートし、古民家風や北欧風、南欧風など好みのスタイルを形にできる家づくりの魅力に迫ります。
 
 日本の古き良き民家は、自然素材の木や塗り壁がふんだんに使用され、柱や梁などの構造が特徴的です。近年、そういった古民家の趣を取り入れ、近代的なデザインをミックスさせるスタイルが人気を集めています。古民家の床材は、桧やケヤキ、ナラなどの無垢材、壁は漆喰塗りなどの自然素材が多く用いられています。さらに、柱や梁を露出する壁である真壁構造を施すことで古民家らしい仕上がりとなります。カーサ・シェルッソでは、長い年月を経た古民家のような味わいがでる自然素材を使用することが可能です。

 また、最近は北欧や南欧風のインテリアや雑貨が注目されており、そのスタイルを住宅に取り入れる人も増えています。シンプルでナチュラルな北欧スタイルは、自然の素材感を活かした温かみのある雰囲気と、住み心地のよい設計がポイント。木材の個性をそのまま生かし、温もりが感じられるテイストが特徴です。一方、クリーム色の塗り壁や、レンガを取り入れると南欧風のテイストを醸し出すことができます。

 理想のスタイルやコンセプトにあった家づくりを実現するには、イメージしたデザインに仕上げるだけでなく、最適な資材を選ぶこと大切です。一般的な建売住宅やハウスメーカーなどではなかなか実現しにくい、自然素材だけを厳選した家づくり。カーサ・シェルッソは、それを可能にします。住宅の仕様を自由に選び、家具や雑貨をコーディネートしてアレンジする楽しみを、ぜひ味わってみてください
 
 カーサ・シェルッソでは、お好みのスタイルをより快適な形にできるよう、住宅建設を熟知したスタッフがサポート致します。お気軽にご相談ください。

人工ではなく自然の美しさが際立つ自然素材を選べる贅沢な家づくり!!

sy.jpg
 『木材のぬくもりは造りてにも住む人にとっても安らぎをもたらしますね!』

 自然が生みだした木は、天然の素材として快適な住まいづくりに欠かせないアイテムと言われています。木材は機能性にも優れているため、住宅建設において重要な素材です。今回は、環境に優しく住宅に最適な木材や、天然素材の特質についてご紹介します。

 近年、多くの住宅建設に使用される素材には、化学物質が含まれていることをご存知でしょうか。気密性や断熱性を高めるなど、快適さを追及する一方、断熱材や塗料、接着剤をはじめ、フローロングや床材、ビニール壁紙などに含まれる有害物質が、健康に悪影響が及ぼすことがあると言われています。

 カーサ・シェルッソでは、仕上げ材に厳選した無垢材を使用。木板を接着剤で張り合わせブロック状にした集成材ではなく、丸太から切り出したままの自然な状態の木材です。化学物質を含む接着剤などは一切使用しません。また、無垢材は断熱性に優れ、紫外線の呼吸率が高く目に優しいことでも定評があります。さらに肌ざわりが良く、無垢の木の床は適度な弾力があり衝撃を吸収します

 無垢の木は、割れたり反ったりすると敬遠される場合がありますが、カーサ・シェルッソが使用しているものは、伐採した木材を低温乾燥させるなどの工程をふみ、自然素材の良さを前面にいかす工夫がされているが特徴です。また、建材メーカーの加工されたフローリングは冷んやりしますが、無垢材のフローリングの床は、熱伝導率が低いため真冬でも素足で歩けるほど、その差を感じることができます。

 カーサ・シェルッソは、塗り壁やクロスも脱臭効果や吸湿性が高く、機能性に長けた天然素材を取りそろえています。例えば、砂や泥などの不純物の混じっていない風化造礁珊瑚(沖縄のサンゴ)を原材料とした天然の珊瑚の塗り壁材は、多孔質で調湿・消臭効果が抜群です。揮発性有害化学物質を吸着し、嫌な匂いを吸って、きれいな空気を出してくれるのがポイント。マイナスイオンの発生効果があることでも注目されています。

 カーサ・シェルッソのビュッフェスタイルの家づくりは、環境に優しく住宅に最適な天然素材を好きなだけ選ぶ贅沢さを味わうことができます。

定額制で自然素材が好きなだけ選べる!ビュッフェスタイルの家づくりとは!

ブログ画<img alt=
     『自然素材の良さとはそれぞれに個性がある事!それが自然』
 
多くの人にとって、家づくりは一生に一度あるかないかの貴重な機会で、ものすごく大きな買い物とも言えます。そんなマイホームだからこそ、設計や素材にこだわり、妥協はせず、理想を形にしたいものですよね。

 建売住宅に比べ、自由度の高い注文住宅はさまざまなメリットがあり、近年人気を集めています。しかし、従来の注文住宅は、家づくりを計画していく際、素材にこだわると予算をオーバーしてしまうことが多々あるのが現状です。そうした場合、素材のグレードを下げてコストダウンを検討することが余儀なくされ、こだわりを実現したい人にとっては最良の方法とは言えません。
 
カーサ・シェルッソのビュッフェスタイルの家づくりは、追加料金がかからず、厳選された豊富な自然素材の中から、住む人のライフスタイルにあった、快適な住宅を自らコーディネートできます。カーサ・シェルッソでは、ワンランク上の住宅づくりをサポートしたいという思いを持つ、全国の工務店と共に建築資材の仕入れや情報共有を行い、厳選した自然素材と定額制で建設する住宅を提供しています。定額なので、例えば上質な無垢の吉野ヒノキ材などをふんだんに使って設計することも可能です。自ら好みの自然素材を選び抜き、アレンジできる最高の贅沢が味わえます。

 快適な住まいで家族と過ごす時間は何にも代えがたいものでしょう。こだわりを形にしたい人にとって、ビュッフェスタイルの家づくりは、最適なプランだと自信を持っておすすめすることができます。カーサ・シェルッソの専属ハウスコンシェルジュがサポート致しますので、ぜひ一度ご相談ください。