「ミッドセンチュリーのインテリアが好き!」いいね!

画像3.jpg
『ミッドセンチュリー家具と相性抜群な自然素材の家』

「アメリカ映画みたいな、ポップでカラフルなミッドセンチュリー風の家具やインテリアが好き」というあなた。

家を建てたら、インテリアも大好きなミッドセンチュリーの雰囲気を取り入れたい!

そんなあなたにおすすめの内装の選び方をお伝えします。

「ミッドセンチュリー」とは

かんたんにおさらいすると、インテリアの世界で「ミッドセンチュリー」といえば、

20世紀半ば(1940~1960年代)にアメリカで流行したスタイルをさします。

それまでの直線的な木材の家具から、

新素材のFRP(プラスティック)やプライウッド(曲げ加工のできる合板)

などが登場したため、あざやかでカラフルな家具や、

曲線をとりいれた椅子などが特徴的です。

ミッドセンチュリーに合う内装は

「自然素材の家は子育てにも安心だけど、ポップなイメージのミッドセンチュリー家具と合わないかしら...」

と気になっている人もいるかもしれません。

 自然素材はもともとそのまま地球にある素材。どのような家具にも愛称は抜群なんです。

素材のアレンジの仕方さえマスターすれば世界に一つのあなただけの世界!

     ご家族の五感を刺激する事は間違いなし。お勧めです。

漆喰などの白い壁には、ミッドセンチュリー家具によく見られる赤・黄色など原色がとてもよく映えます。

雑誌や映画のワンシーンなどもお手本に、「憧れのあのチェアが映えるのはどんな壁かな」

と楽しんで選んでみては。

きっと上質なミッドセンチュリーのインテリアが実現するはず!

トイレを少し広くするだけでゆとりの空間が生まれる

画像1.jpg
『トイレを中心に考えたら!?』

 トイレは一人になれる貴重な場所。くつろぎの場とまでは言いませんが、トイレも居心地の良い空間にしたいですよね。

トイレは狭くていいと思っているかもしれませんが、少し広くするだけで思わぬ効果が生まれます。

トイレが狭いと不便が多い

狭いトイレには収納がないケースがほとんど。トイレットペーパーのストックを別の場所に保管しているため、補充が面倒だと感じている家庭が多いです。

また、狭いとどうしてもトイレ一体型の手洗い器になってしまいますが、小さな子どもや高齢者には不便に感じることも。水ハネも気になりますよね。

狭すぎて掃除がしにくいのもデメリットです。

トイレを少し広くする事で生まれる効果は?

 トイレを少し広くするだけで、トイレへの不満が一気に解決します。

収納棚や手洗い場を設置するのに必要な広さは300〜400mm。ちょっと広くするだけで、ゆとりの空間ができるのです。

広くなったことでトイレに座っているときの圧迫感もなくなり、気持ち的に余裕が生まれるでしょう。

リフォームで収納棚や手洗い場の後付けは可能ですが、狭いトイレが余計に狭くなるか、広げてコストがかかりすぎるかのどちらか。

新築時にトイレの広さを考えておくことが大切なのです。

プラン作りは自由!思い切って常識を無視した発想で楽しんはいかがでしょうか?

その後に現実的な設計で落ち着ければ納得のいく家づくりができますよ。


新居のキッチンに「ガスオーブン」つける?つけない?

画像4.jpg
『料理好きな2人なら、レパートリーが広がるかも!』

 家づくりで、もっともこだわりたいのが「キッチン」ではないでしょうか。

システムキッチンに大きなガスオーブンがあれば今より便利になりそうだけど、

使い勝手は?場所を取るのでは?なども気になり、迷ってしまいますよね。

ガスオーブンのメリット

ガスオーブンは火力が強く、余熱も焼き上げも電気オーブンと比べて短時間ですむのがメリット。

一度に複数の料理がセットできるオーブンの広さも魅力です。

また気になる設置場所も、ビルトインなら「どこに置こう」「配線は...」と悩まなくてもOKです。

ガスオーブンの楽しみ方

平日は、上段で今夜のグラタンを焼きながら、下段でハンバーグを焼き明日は温めるだけと、

忙しいダブルインカム(共働き)ファミリーの時短に役立ちます。

週末に人を招いてのパーティーなら、チキンとピザを同時に焼いて準備もらくらく。

手作りパンやクッキーも一度にたくさん焼けて、何度も作業を繰り返す必要がありません。


「夫婦や親子で料理を楽しみたい」

「忙しくても品数があると幸せ」

「ワイワイと料理を囲んでパーティしたい」

家で過ごす時間が増えた今だからこそ検討してみてはいかがでしょうか!

住まいのアイディアはカーサ・シェルッソへお任せあれ!


梅雨時になると悩ましい「生乾き」問題を解決するには?

画像1.jpg
『気になるお洗濯物の匂い・・』

 梅雨になると洗濯物が乾きにくくニオイも気になります。

ドラム式洗濯機や浴室乾燥機を活用するとしても、洗濯回数を増やさなければならず面倒です。

では、手間を増やさず快適に洗濯できる方法はないのでしょうか?

リビングが洗濯物の山になるのはなぜ?

ダブルインカム(共働き世帯)が増加している影響で昼間に外干しが難しい家庭が増えてきました。

梅雨時に限らず、外干しできないときは、どうしてもリビングやその近くの部屋に干すことになりがちです。

そうなると、どうしてもリビングが洗濯物の一時置き場に。

家族がくつろぐ場所に洗濯物が干してあったり、山積みになっていたりするのは気分のいいものではありませんよね。

求められるのは広いランドリールーム

家事動線を考えると、やはり洗濯機の近くに干せるスペースがあるのが理想。

そこで提案したいのが広いランドリールームです。

洗濯機置き場としての役割以外に、室内干しもアイロンもできるスペースの広さがあると

すべての洗濯の工程がランドリールームだけで完結します。

洗濯の負担が減れば家族と過ごす時間が増えて、みんな笑顔に。

リビングに洗濯物が山積みになる問題も解決します。

これからは、時間と気持ちのゆとりを持つために、広いランドリールームをご検討してみてはいかがでしょうか。

そのランドリールームを調湿効果のあるしっくりやサンゴの塗り壁で心地よい空間に大変身。短所を調書に!

せっかく新しい家を建てるのだからアイディアを取り入れませんか!

建売?注文住宅?家を建てるときに生じる夫婦間の意見の食い違い

手.png
『造る楽しさ、買う楽しさ。どちらを選ぶ!』

一生でもっとも大きな買い物である「マイホーム」。だからこそ、こだわり抜いた家に住みたいと考えるのは当然のこと。

ところが、

「注文住宅にしてこだわりのある家にしたい」

「設計から関わるのは面倒だし、注文住宅は高いから建売住宅で十分」

このように夫婦で意見が分かれた場合はどうしたらいいのでしょうか?

建売住宅と注文住宅、どっちを選ぶべき?

建売住宅は、土地と住宅がセットで販売されているため、購入手続きが簡単なのが最大のメリット。

気に入った物件がすぐに見つかれば、時間をかけずに入居できます。

反面、間取りやデザインがすでに決まっているため、自由度が少ないのがデメリットです。

注文住宅は、間取りから内装まで自分の希望を叶えてもらえるのがメリット。

その分、設計やデザインに時間がかかり、費用も高くなりがちです。

そのような方にお勧めなカーサ・シェルッソの選べる素材と価格を定額にしたプランの注文住宅

を御提案。選べる自由度と見える価格で安心でお得な注文住宅をお勧めします。

 土地を選ぶことが楽しくなる事間違いなし!

建売も注文住宅も夫婦の意見のすり合わせが大事!

大切なのは、建売住宅と注文住宅のメリット・デメリットを踏まえ、夫婦でしっかりと意見をすり合わせておくこと。

「こだわりすぎたら予算オーバーしてしまった」

「建売にしたら、使いにくいところがあって後悔した」

こんな話もよく聞きます。

住宅購入の際は、夫婦の溝ができないようきちんと話し合っておきましょう。


圧倒的な空間 自然素材の家

リビング〇.png

『家が「買う」から「暮らす」に変わる瞬間』

 家づくりを考える時に、完成したお宅を見せてもらう「完成見学会」を参考にする人は多いと思います。

実は、自然素材の家の見学会は素材が全てが違うんです。

いわゆる「完成見学会」では

自分たちの家づくりに生かしたい!と、始めた完成見学会の数々・・・

「どこも同じで疲れてきたね...」

「間取り以外はほとんど変わらないし、あとは値段で決める感じかな...

という心境になってくるファミリーも少なくありません。

 あるとき自然素材の住宅に足を踏み入れてみると...。

自然素材の家で見て感じたことは?

壁・床・天井などを無垢の木や塗り壁といった自然素材で造った家は、何かが違う!でも素敵で良い!

ひと目見て「わあ~」「おお~」と歓声を上げる方が少なくありません。

見た目、壁の質感や空気、心地いい~!。今まで見学してきた家との違いに思わず「この家で暮らしたいね!」と口にされる方がとても多いんです。

 予備知識がなくても、無垢材や漆喰など自然素材のここちよさは肌で感じるもの。子供ももとても楽しそうにしてる・・!わかるんだ!

「見学会って、結局いくつ回っても同じ・・・・? ではなかった瞬間がここにあるね」

さあ自然素材の家に触れてみませんか?

家を「買うもの」から「ここに住みたい場所」に変わる瞬間を体験するべきです。

甘くなかったマイホームの理想と現実。妥協点はどこ?

戸建.png
『土地の価格が大半をしめる戸建購入』

 マイホームを持つなら「環境が良くて、駅から近くて、子どもが庭で遊べるくらいの広さがあって......」と夢は尽きないですよね。

高いお金をかけて夢のマイホームを建てるのだから妥協はしたくない!こう考えている人は多いのではないでしょうか?

ですが、理想と現実にはギャップがあるのです。

立地条件の良い土地を見つけるのは至難の業

注文住宅の場合、まずは土地探しから始まります。住みたい地域のめどをつけたら、地盤や生活環境、利便性など立地条件の良い場所を調びたい。

とはいえ、すべての条件を満たす土地を見つけるのは難しく、あったとしても高額で手が出ない場合がほとんどです。

理想の土地が見つかるまで探し続けているうちに、だんだんと疲れてきて購入をあきらめてしまうケースは多いものです。

優先順位を決め、後悔のない土地選びを

ところが、焦って妥協してしまうと、後悔する可能性が高いです。

大切なのは、「優先順位を決めておく」「安易に妥協しない」の2つ。どれも譲れないと言っていたら、いつまでたっても土地は見つかりません。

譲れない中でも優先順位をつけることで、妥協点を見つけるのがいいのではないでしょうか?

「理想を追うばかりでは見つからない」

「現実を見て妥協しすぎると後悔する」

どんな家に住みたいのかを家族でしっかりと話し合い、後悔のない土地を選びたいですね。

「出窓」って実際どう?おしゃれな窓のアイデア

窓.png
『外国映画のようなイメージの出窓は日本でも作れる?』

映画や外国文学に登場しそうな、おしゃれな雰囲気の「出窓」。

少女の頃に憧れた人もいるのではないでしょうか?

今回は、家の計画を立てるとき「出窓ってどうかな?」と検討している人にアドバイスをお届けします。

出窓のメリット・デメリット

出窓は家の外観にメリハリをもたらすだけでなく、内側の室内も変化のあるインテリアが楽しめます。

ベンチ代わりにクッションを置いたり、花を飾ったりと夢が広がりますね。

いっぽう、壁から外へ出っ張っているぶん「天端(てんば)」と呼ばれる上側の部分に雨や汚れがたまって傷みやすいなどのデメリットも。

そのため、最近ではあえて出窓をもうけないシンプルな構造も見直されています。

こんな窓のアイデアも

「でも私は、平坦な外観じゃなく、ちょっとおしゃれな窓を取り入れたいな」

とお考えなら、逆に窓を外壁から引っこめたデザインもおすすめです。

そのぶん壁を厚めに設計する必要はありますが、まるでヨーロッパのホテルや歴史ある建物のような「彫りの深い」デザインが実現します。

出窓よりもガラスが汚れにくく、お手入れがラクなのもいいところです。

この様ににいろいろと角度を変えて、楽しみながら家づくりの夢を叶えませんか!

子育てしながらインテリアは楽しめる?

おもちゃ.png
『子供と一緒に成長するお片付け』

子どもがおもちゃを散らかすので、どんなに片付けても散らかってしまう。
「本当はもっとオシャレな部屋にしたいのに」
「カラフルなおもちゃのせいで部屋に統一感がない」
そんな状況にストレスを感じている親は多いです。
では、子育て中にインテリアを楽しむのは無理なのでしょうか?

子どもの動線を考えた収納にする

おもちゃや通園リュックやランドセルの収納場所を子ども部屋にしている場合、
おもちゃはリビングに散らかしっぱなし、
バッグ類は玄関に置きっぱなしになっていませんか?
それは親目線の収納だからです。
子ども部屋だからといって何でも子ども部屋に収納すればいいわけではありません。
バッグ類は帰宅後すぐに置ける玄関やリビングの入り口に、
リビングで遊ぶおもちゃはリビングに収納場所をつくるといいですよ。
子どもの動線に合わせた収納にすると子ども自身で片付けられるようになり、
部屋が散らかりにくくなるからです。

親子で楽しめるインテリアを

子どもがいると、できるインテリアは制限されます。
ですが、できないことを嘆くよりも一緒に楽しめるインテリアを見つけることが大切。
カラフルなおもちゃは収納ケースに入れれば、リビングに置いても目立ちません。
リビングの雰囲気に合うおもちゃは飾ってしまいましょう。
親好みのインテリアは大人目線の高さに取り入れてみることをおすすめします。
子供の動線を生かして親子で成長するって素敵ですよね!!

壁はエコクロス?塗り壁?迷ったら

エコクロス.png『「エコクロス」は健康や環境に配慮した天然素材の壁紙』

家づくりの計画で、

「自然素材の家を検討しているけど、壁はどうしよう」

「エコクロスってどんなもの?」

と迷っている方もいるかもしれません。

今回は、「エコクロス」と壁の仕上げについてお話しします。

「エコクロス」とは

近年の住宅は、壁には合成素材の「ビニールクロス」を使うケースが多く見られますが、「エコクロス」は和紙や布・珪藻土・ウッドチップなどの天然素材を使用した壁紙です。

ビニールクロスと比べて調湿性があり、ぬくもりを感じられる風合いが魅力。

ホルムアルデヒドを含まず、燃焼時にダイオキシンを発生させないのも利点です。

人って見える物に左右されがちですが、空気や、温度など実は見えないものが人間に

とって大きな影響を与えているんですね。同じように見えるクロスも製造工程で様々な成分を

が使われています。でもそれぞれのクロスの良さもあります。デザイン性は○○、機能性なら○○

使い方や場所でお選び頂く事をお勧めします。

塗り壁とエコクロスはどちらがおすすめ?

自然素材で壁を仕上げるなら、漆喰や珪藻土の塗り壁という方法もありますが、エコクロスは、塗り壁よりも費用が抑えられるのがメリット。

※スタンダードなクロスよりは高いのですが。

デリケートな素材のエコクロスの場合、職人さんの熟練がより必要になりますが、

「健康によい自然素材の壁に囲まれて暮らしたい」

という思いがあるなら、ぜひ計画段階で相談してみて下さい。

希望や予算に応じ、ベストな方法を見つけていくのも、家づくりの醍醐味のひとつなのですから。