理想の部屋づくりは配色がポイント

カラー1.png
『好みのテイストでインテリアを彩るには』

北欧スタイルやアジアンテイスト、ヴィクトリアン調、和風、モダン、アンティークやヴィンテージなど、
あなたはどんなインテリアが好きですか?

好きなものだけを部屋に集めても、ちぐはぐな印象になってしまいがちで、うまくコーディネートするのは、
なかなか難しいですよね。

でも大丈夫!
カラーコーディネートが上手にできれば、センス溢れる住まいづくりが実現できます!

今回は、インテリアの色合わせのポイントを
ご紹介します♪

部屋のテーマやイメージカラーを決める

まずは、理想とする部屋のイメージを明確にしましょう。
次に大切なのが、「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」を決めることです。

カラー2.png

ベースカラーは、壁や床など大きな面積を
占める部分の色味を指します。

また、アソートカラーは、家具やカーテンなど2番目に大きな面積を占めるものに使う色です。
素材や質感などにより、部屋の印象を大きく左右します。

アクセントカラーは、部屋全体のイメージカラーとは異なる、引き締め効果のある色味のこと。
インテリア雑貨や小物、花などでアクセントをつけることが可能です。

理想の部屋を完成させるには、大きな面積に持ってくる色や、アクセントとしてどんなカラーを効かせるかが
とても重要になります。


色が持つパワーと効果

人によって、好きな色は異なりますが、
どの色にもそれぞれ魅力がありますよね。
色には心理効果があるとも言われています。
カラー3.png
目に入りやすく、印象的な赤は、
強いエネルギーをもたらす色で、
やる気や行動力が高まるそうです。

青は、心を落ち着かせ、冷静な判断へ導いたり、誠実さを感じさせるカラーです。
自然のイメージがある緑は、リラックス作用や、心を落ち着かせる効果が期待できます。

オレンジは、食欲を促す効果があり、心身のバランスを整えたり、社交性を高めたい時に良いそうです。

黄は、知性を高める色として知られ、理解力・記憶力・判断力が高まり、心の不安を解消します。
明るい気持ちになりたい時にもおすすめです。

リビングやダイニング、キッチン、寝室など、部屋ごとにテーマやスタイルを決め、
上手にカラーコーディネートすることで気分が高まり、毎日の暮らしがよりハッピーに!
ぜひ、お試しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Writing by:いしいゆりこ
プロフィール◎芸術系大学卒業後、グラフィックデザイナー・
海外留学を経て、オーストラリアの日系出版社で副編集長を務め、
2019年に日本に帰国。現在、日本を拠点に編集・ライターとして
活動中。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント