2022年9月15日

省エネ住宅ってどんな家!?

今、注目の省エネ住宅

省エネ住宅1メイン横465px.jpg
次世代を担う子供たちが必要とする資源やエネルギーを損なうことなく、現在の世代のニーズを満たすSDGsへの関心が高まる中、マイホームの選択肢として「省エネ住宅」を検討する人が増えているそうです。あなたも「省エネ住宅」や「エコ住宅」という言葉を耳にしたことがあるのでは!?

しかし、実際にどのような住宅なのかご存知ですか?今回は省エネ住宅の基準や、メリット・デメリットについてご紹介します。

省エネ住宅の基準と補助金制度

消費するエネルギーを抑えた住宅を「省エネ住宅」と呼び、それを実現するためには、断熱・日射遮蔽・気密の3つの対策が柱となります。

「住宅の省エネルギー基準」をベースに、それを上回る基準として「低炭素建築物の認定基準」、「住宅トップランナー基準」などが誘導するべき基準として設定されています。
省エネ住宅2.jpg
省エネ住宅にはいくつか種類があり、「ZEH(ゼッチ)」は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、外皮の断熱性能を大幅に向上させると共に高効率な設備システムを取り入れることにより、室内環境の質を維持しながら大幅な省エネを実現した上で、太陽光発電など再生可能エネルギーを導入。年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅を指します。

現在、日本はZEHの普及を強く勧めているため、ZEHを新築、購入する場合、国から補助金が交付されます。個人が対象の戸建て住宅の補助制度は区分や要件によりさまざまです。募集対象や補助要件などは、公募時期によって内容が変更されることがあるため、地方自治体の補助金窓口やハウスメーカーなどの最新情報をチェックしましょう。

省エネ住宅のメリットとデメリット

省エネ住宅3.jpg
省エネ住宅にすることで、夏は涼しく冬は暖かい快適な住宅環境が実現できます。一般住宅に比べて光熱費を削減できるため、家計に優しい点もメリットです。さらに、消費エネルギーを抑えることで、地球温暖化の要因となる、二酸化炭素の排出を減らすことができ、環境に優しいのもうれしいポイント。

一方、デメリットとして挙げられるのが、一般住宅と比較すると建設コストが高い点です。初期費用およびランニングコストもかかります。また、高気密高断熱住宅は、現在多くの業者が取り扱っていますが、補助金や等級認定が受けられるような省エネ住宅は、建設できるハウスメーカーが限られているため、事前に確認しましょう。

メリットとデメリットを踏まえ、「省エネ」だけにこだわらず、ぜひ、あなたとご家族が満足できる家づくりを目指してくださいね。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント