2021年10月15日

「お絵描き」による子供の成長の軌跡

子供の絵1メイン.jpg

子供にとってのお絵描き

子供が1歳を過ぎ、好奇心が旺盛になる頃、鉛筆やクレヨンを握り、何かを描いて楽しそうにしている姿を目にしますよね。

お絵描きは、子どもが生まれてはじめて挑戦する、創造性を伴う自己表現だと言われます。脳の発達を促したり、感性を育むことに加え、心の安定に役立つことも。あなたのお子様は、
お絵描きが好きですか?

今回は、お絵描きによる効果や、親としてそれを見守るあなたが留意すべき点についてお届けします。

お絵描き好きを育む環境の工夫

お絵描きは、視覚・触覚・嗅覚・聴覚など、さまざまな感覚を使うため、感性が育ち、観察力や想像力、表現力が身につきます。色彩感覚や空間認識力が高まることも。

幼少期にお絵描きをたくさんした子は、文字の習得が早い傾向にあるそうです。また、お絵描きが得意な子と苦手な子の差は、絵を描く「量」だと言われています。運動と同様に、絵も描けば描くほど上手になるので、楽しみながら取り組むことがポイントです。

子供の絵2.jpg

あなたのお子様が、楽しいと感じて「たくさん絵を描きたい!」と思うように、描いた絵を否定せず、褒めることや、「失敗しても描きなおせばいい」という気持ちを持たせてあげましょう。

また、お絵描きによるお家や衣類の汚れが気になる場合、そこにストレスを感じるのではなく、お子様に大きめサイズの画用紙などお絵描きセット、いくら汚してもいい、お絵描き用の服などを用意してあげると良いですね。

お子様の絵をアートに

子供が成長するにつれて、お絵描きの「作品」はどんどん増えていきますよね。思い出や、成長の記録として残したいけれど、保管スペースには限りがあるものです。

子供の絵3.jpg

お子様が一生懸命描いた絵を残す方法として、選定したものを整理し、バインダーファイルなどを活用して保管したり、フレームに入れて飾るのも素敵ですね。子供ならではの感性で描かれた絵は、工夫次第でアートに早変わりします!

整理して処分する際は、スマホなどで撮影し、画像として残しておくののがおすすめです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2021年10月 1日

生活の質を高めるためのマットレス

マットレス1メイン.jpg

知っていますか?マットレス選びのポイント

マットレスや敷き布団を買い替える際、あなたは、何を基準に選びますか?価格はもちろん、硬さや厚み、素材などの質などではないでしょうか。

人生において睡眠は、3分の1の時間を占めると言われています。大切なのは、しっかりと体と心、そして脳を休息させる質の良い睡眠をとることです。

朝起きた時に疲れを感じたり、背中や腰が痛いなど、睡眠時に起こる問題を改善して毎日ぐっすり眠り、生活の質を高めましょう!今回は、マットレス選びのポイントをご紹介。

自分に合ったものを選ぶことが大切

マットレスは、同じ商品でも良いと言う人がいれば、良くないと言う人もいます。それは、性別や年齢、体格、体質に加え、使用する環境などが異なるからです。

1つの寝具が全ての人に当てはまることはなかなかありません。だからこそ、自分に合ったマットレスを選ぶ基準を知っておくことが重要になります。

選び方の基準は、「体圧分散性(硬さ)」「反発弾性(サポート性・寝返りのしやすさ)」「耐久性」「通気性」などが挙げられ、適切なサイズを選ぶことが大切です。

マットレス2.jpg

夫婦で使うなら、横揺れが気にならないか2人で試し寝をして確認を。また、クイーンサイズ以上であれば、ゆったり眠れるのでおすすめです。シングルサイズを2台並べるのも◎それぞれ好みの寝心地のマットレス、敷きパッド、シーツを使い分けられます。

どのサイズのマットレスをどのように配置するかによって、寝心地や住み心地が変わってくるため、自分好みのものを見つけたら、事前に家具のレイアウトを考え、シミュレーションしておくと良いでしょう。

家族が増えるのなら・・・

もし、赤ちゃんが産まれる予定がある場合、ベッドフレームの購入は避け、赤ちゃんと一緒に寝ることを考慮して、床にマットレスを敷いて寝ることをおすすめします。

マットレス3.jpg

子供が使うのなら、おねしょや病気などによる嘔吐の可能性を考えて、防水性のマットレスプロテクターを併用すると良いですね。

まずは、あなたの生活スタイルに合う型を考え、好みの寝心地のものを選び、商品ごとに品質を吟味しましょう。

ぜひ、快眠できるマットレスを手に入れて、より一層、生活の質を高めてくださいね!


-------------------------------------------------------

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント