2021年4月15日

快適に暮らす住まい愛犬とづくり

ペット1.png

癒しや安らぎを与えてくれるペット

あなたのお家には、生活に潤いを与え、心を癒してくれるようなペットはいますか?

ペットを飼うことで、世話を通じて、愛情や責任感を学ぶことができますよね。

大切な家族の一員であるペットと一緒に暮らすのであれば、住宅で工夫すべき点や、
ポイントを抑えておく必要があります。

「ペット」といっても、犬や猫、うさぎ、鳥、魚、昆虫など、その種類は多種多様です。
今回は、好奇心旺盛でわんぱくな「犬」にフォーカスし、愛犬と快適に暮らすための
住まいづくりについてご紹介しましょう!

犬の習性や特性を知って環境を整える

犬は運動が大好きで、散歩はもちろん、家の中でも、存分に動き回りたいもの。
穴を掘ったり、囲いがある狭い場所を好むなど、さまざまな習性があります。

基本的には、群れで行動する動物のため、一人ぼっちは不安で、留守番は苦手ですが、
いつも人と一緒にいることが、ストレスの原因となることもあるそうです。

戸建であれば、庭で遊べるドッグラン、室内でも動き回れる回遊動線を考慮すると
良いでしょう。

フローリングは滑りにくく、体への負担が少ない素材やコーティング床を取り入れ、
安全に配慮し、リラックスできる居場所も作ってあげたいですね。

ペット2.png

キッチンには、ペットゲートを設置し、調理中は立ち入りを制限するなど、
工夫を凝らすと安心です。

また、専用の足洗い場や、散歩グッズなどをまとめて収納できるスペースを用意したり、
犬の目線の高さに、外の様子が観察できる見晴らしの良い窓を設置してあげるのも◎

愛犬が喜ぶペットフレンドリーな設備

室内の壁面には、汚れにくく、消臭加工が備わったペット対応クロスを
施すことをおすすめします。

愛犬専用の食事スペースを設けるのなら、食べこぼしなど、汚れても掃除がしやすいよう、
床をタイル貼りにすると良いですね。

また、トイレスペースは、人の動線と交わらない場所に設置しましょう。
足を上げて用を足しても大丈夫なように、トイレシートが固定できるよう工夫し、
脱臭機能があるナノイー発生機などを取り付けてみてはいかがでしょうか。

ペット3.png

ペットの臭いやハウスダストに加え、冬期の水蒸気などを除去する空気清浄機や、
離れていても、留守中の家族を見守ることが
できるセンサーカメラを取り付けることで、より、安心・安全に暮らすことも。

小型犬のグルーミングやシャンプー、ガーデニングやアウトドア用品を洗う際に
便利なマルチシンクを設置するのも1つの方法です。

あなたもぜひ、愛犬に優しい家づくりを実現してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Writing by:いしいゆりこ
プロフィール◎芸術系大学卒業後、グラフィックデザイナー・海外留学を経て、
オーストラリアの日系出版社で副編集長を務め、
2019年に日本に帰国。現在、日本を拠点に編集・ライターとして活動中。

2021年4月12日

4月11日(日) 「賢い家づくり勉強会」終了致しました。

お問い合わせありがとうございました。
イベント終了(3-4-11) -01.jpg
カーサ・シェルッソ「賢い家づくり勉強会」を下記の日程で開催します

■日時:2021年04月11日(日)①10時~ ②13時~  
ご予約制とさせて頂きます。 
 

■場 所:草加市文化会館2F第2会議室 

今年には住宅を...とお考えの方、
そろそろ住宅を...とお考えの方、家づくりの勉強を始めませんか。
お問合せお待ちしております。

*売り込み&訪問販売は一切致しません。安心してお越しください。
*新型コロナ今後の情勢により、オンラインセミナーへの切り替えがやむを得ない場合は随時、弊社ホームページ上やご連絡にてお知らせします

お申し込みはこちら

2021年4月 1日

『春到来!家庭菜園を楽しもう♪』

家庭菜園1.png

趣味として楽しめる家庭菜園の魅力

畑で野菜を育てるとなると、何だか重労働で
大変なイメージがあるかもしれませんが、
自宅でできる栽培方法で楽しめる家庭菜園は、
趣味の1つとして人気を集めています。

・作物を育てる喜びを感じられる
・手軽に新鮮な野菜が食べられる
・食費を節約できる
・自然に触れ、リフレッシュできる
・年齢を問わずいつからでも始められる

など、魅力満載です!

春に植え、夏に収穫する野菜の種類が
豊富なため、暖かくなってきたこの季節は、
家庭菜園を始めるのに最適な時期と言えます。
今回は、初心者でも楽しめる家庭菜園をご紹介!

庭で本格的な家庭菜園を始めるには

戸建住宅の環境を生かし、庭などに菜園を
作るのであれば、まずチェックすべき点は、
日当たり、風通し、土質です。

日当たりの良い場所でトマトやキュウリ、
半日陰のエリアでは、イチゴやレタス、
直射日光が当たらない日陰では、
ミツバやシソ、ミョウガを育てるなど、
野菜苗の性質に合わせて植えることが
ポイントとなります。

広いスペースを確保できるなら、
異なる種類の作物を一定の順序を設けて
育てる農業の手法の1である「輪作」を
取り入れるのも良いでしょう。
家庭菜園2.png

場所によって、栽培する野菜の属する科を
決めておき、ローテーションすることで、
連作障害を避けることができます。

自宅で収穫した季節の野菜などを使って、
庭でバーベキューを楽しむのも良いですね!

限られたスペースでできる家庭菜園

家庭菜園に挑戦したいけど、庭や広い
スペースがない...というあなたには、
「ベランダ菜園」や「キッチン菜園」を
おすすめします。

ベランダでは、限られた方角からのみ日が入り、
太陽の動きに合わせて、1日の日の差し具合が
移動します。季節によって変わることも。
建物やベランダの角度、太陽の動きに配慮し、
プランターやコンテナの位置を、適宜
移動させることが大切です。

ベランダ菜園におすすめの野菜は、
ミニトマトやピーマン、小松菜、春菊、
オクラなどが挙げられます。

また、台所など、室内で野菜を育てる
キッチン菜園は、身近にある容器や
ペットボトルを使って手軽に始められますよ。
家庭菜園3.png
炒め物にぴったりな豆苗や、サラダに最適な
ベビーリーフは、7日から10日で育ちます。
バジルなどのハーブ類は、おしゃれなプランター
に入れて、インテリアとして飾るのも素敵ですね。

あなたもこの春、家庭菜園を始めてみては
いかがでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Writing by:いしいゆりこ
プロフィール◎芸術系大学卒業後、グラフィックデザイナー・
海外留学を経て、オーストラリアの日系出版社で副編集長を務め、
2019年に日本に帰国。現在、日本を拠点に編集・ライターとして
活動中。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント